スポンサーリンク

原田泰造

■原田泰造(はらだ たいぞう)

□肩書き
 芸人 タレント 俳優 

□所属グループ
 ネプチューン
 
□本名
 原田泰造

□生年
 1970(昭和45)03.24(魚座/B型)

□出身地
 東京都東村山市

□出身校
 都立農芸高校

□略歴(満年齢)
 94年(24歳)ネプチューンを結成。
 96年(26歳)テレビ「タモリの超ボキャブラ天国」出演。
 03年(33歳)テレビ「ネプリーグ」出演。
 ※他の主な出演:
      舞台   「キスへのプレリュード」「ザ・ヒットパレード」
  映画 「どつきどつかれ」「ジャンプ」「ピーナッツ」
  ドラマ「編集王」「奥さまは魔女」「ちびまる子ちゃん」
  テレビ「笑う犬の生活」「ネプいっ!」「しゃべくり007」
  CM    「アサヒビール」「すき家」「ドリームジャンボ宝くじ」
                                  
□趣味
 読書 映画観賞

□資格・免許
 普通自動車免許 大型自動車免許

□サイズ
 177㎝66㎏ B90W75H90

■原田泰造

□幼少時代〜
・実家は弁当屋。
・子供の頃からテレビに出たいと思っていた。
・小学校時代、少林寺拳法を習っていた。
・目立ちたがり屋だったので学級委員に必ず立候補したがいつも落選した。
 一度だけ当選した時に先生が「お前ら本当に原田でいいのか」と再投票したら落選した。
・中学時代、あだ名はアウストラロピテクスだった。
・中学時代、ジャッキー・チェンの映画が大好きだった。
・中学時代からタバコを吸っていた。
・中学時代、大人に憧れて友人宅でスーツパーティーをやった。
・中3の時、おやつ代を使いこんで遠足を欠席した。
・中3の時、「すぐに帰っていいから」と言われて卓球部に入部。
・中学時代約160㎝だった身長が高校で一気に伸びた。
・高校時代、毎日のように新宿のディスコでナンパした。
・高1の時、女の子と初交際。
・学生時代、不良系からオタク系までどのグループとも仲が良かった。
 自分自身はどこのグループにも入っていなかった。
・熱血系ドラマが好きだった(「池中源太80㎏」「熱中時代」など)。
 好きなシーンを大きな鏡の前で再現して遊んだ。

■原田泰造

□私生活
・好物…鮭茶漬け。カレーライス。
 ハンバーグ。レバ刺し。ハマチの刺し身。
   パクチー(以前は嫌いだった)。
 さくら餅。クレープ。チョコパイ。
 コーヒー(大好物、食後に必ず飲む)。甘いもの(大好物)。
・嫌いな食べ物…レーズン。辛いもの。
・出されたものを残せない。
・酒を飲まない。
・タバコが好き。
・甘いものを控えたら体重が6㎏落ちた。
・嫌な事があると寝て忘れる。
・小説、自己啓発本が好き。
・持病…腰痛。
・便秘症。
・台所仕事は殆どしない。
・好きな作家…司馬遼太郎。
・住んでいる所…東京都東村山市。
・いきつけ…「松屋」(20年通っている)。
・サウナが大好き。週3回行く。
・超飽き性。
・町内会の野球クラブに所属。
 ※20代後半まで野球のルールを知らなかった
・長男とテレビゲームで対戦して負けそうになると長男の腕を噛む。
・家族から「たいちゃん」と呼ばれる。
・好きなタイプ…ムッチリ系の女性。
・よくキャバクラに行く。
・妻は居酒屋のアルバイト仲間だった。
・妻と入籍したのは売れる前でギャラでは生活出来ない時期だったが、
 売れて人気が出てきたのでしばらく妻子の存在を隠していた。
・妻によく「愛してる」と言う。
・妻にすぐ嘘や隠し事がバレる。
・妻と夫婦喧嘩になりそうになるとすぐに土下座する。
・妻にマッサージをしてあげる。
・妻を「ひろちゃん」と呼ぶ。

■原田泰造

□人間関係
・ゴルゴ松本、レッド吉田…友人。売れない頃からの仲。レッドはサウナ仲間。
 原田、名倉潤、レッド、ゴルゴの4人でラスベガス旅行に行った
 (堀内はパスポートの期限切れで行けなかった=02年)。
・山咲トオル…友人。山咲の自宅に遊びに行って手料理を食べさせて貰った事がある。
・土田晃之…友人。原田のアドバイスで25歳で結婚した。
・志村けん、大林素子…
 東村山ゆかりの芸能人で「チーム東村山」を結成(そろいのつなぎを作成)。
・原田泰造、堀内健、名倉潤…ネプチューンのメンバー(年齢順)。
 メンバー同士の仲が良い。ライブ後はお互いにホメあう。
 プライベートで遊ぶ。ゴルフに一緒に行く。時々電話で話す。
・ベッキー…テレビ「笑う犬の冒険」の英語コントで共演
 (もともと楽屋でのトークから生まれたコーナーだった)。
・江守徹…舞台「キスへのプレリュード」で共演してキスシーン。
・ジム・キャリー、村上てつや(ゴスペラーズ)…顔が似ているとよく言われる。
・宇多田ヒカル…ネプチューンのファン。
・森本稀哲…原田の大ファン。
・MEGUMI…原田のファン。
・アントニオ猪木…尊敬している人。
・西田敏行、桜井幸子、壇れい、藤谷美和子…憧れている芸能人。
・菊地興次…小学校時代からの親友。居酒屋「村さ来」のアルバイト仲間。
 お笑いコンビ・パープルンを組んで渡辺プロのオーディションに合格して
 ライブや深夜番組に出演するが菊地の借金問題で解散。
 東村山のパチンコ店の店長になった。
・浅見隆之…小学校時代からの親友。※浅見、菊地、原田の3人でつるんでいた
・浩子…95.01.18入籍。できちゃった結婚。
・子供:
 長男…95年3月誕生。
 長女…小4(=09.02現在)。


■原田泰造

□エピソードなど
・20歳の頃、「ねるとん紅鯨団」に出演(カップルにはなれなかった)。
・アルバイト歴…
 実家の弁当屋。
 居酒屋「村さ来」(18歳〜23歳)。
 長距離トラック運転手。
 佐川急便(3時間で辞めた)。
・ゴミ収集(小平市)の仕事をやっていた。
・若い頃に約150万円借金して両親に肩代わりして貰った。
・入学金も授業料も高い俳優養成所に入るが、授業に馴染めず、
 来る仕事はエキストラばかりなので1年でやめた。
・きっかけを掴む為に手当り次第にオーディションなどを受けた。
 ねるとん紅鯨団、第二の吉田栄作オーディション、
 ジュノンスーパーボーイコンテストなど。
・大河ドラマ「太平記」にエキストラとして出演(死体役=91年)。
・渡辺プロのオーディション「笑いドル」に約50倍の倍率を突破して合格。
・若い頃によく寝坊して遅刻した。
・主なギャグ…「曲がった〜事が大嫌い は〜ら〜だ たいぞうです」。
・「高校」という漢字を書けなかった事がある。
・ドラマ「編集王」の役作りで3ヵ月ボクシングジムに通って10㎏減量(=00年)。
 ※ボクサー出身の漫画家役
・舞台「キスへのプレリュード」でゴールデンアロー賞新人賞を受賞(=05年)。
・NHK教育「一期一会 キミにききたい!」のナレーションを担当(=06年)。
・ネットの評判(2ちゃんねる)を気にして萎縮していた時期があった。
・映画「ミッドナイト・バス」で演じた役の為に大型バスの運転免許を取った(=18年公開)。
・将来の夢はアカデミー賞受賞。

□ネプチューンのエピソードなど 
・原田と堀内が組んでいたコンビ(フローレンス)はふたりともボケで
 客を置いて行きがちだったので、ツッコミとして原田が名倉をスカウトした。
・結成から約半年間はネプチューンZと名乗っていた。
・名倉がリーダーでツッコミ、原田は演技派のボケ、堀内は奇想天外なボケ。
・結成後約2年間は人気が出なかった。
 営業で客が全員ブラジル人で誰もネタを聞いていなかった事があった。
・原田と堀内がふたりで「キャベツ畑」のコンビ名で営業した事がある。
・テレビ「ボキャブラ天国」に出演後は以前と同じネタがガンガン受けるようになった。
・ネタは堀内が書く。
・異常者(原田、堀内)の世界に普通人(名倉)が巻き込まれる不条理劇的なコントが得意。
・主なネタ…「ホストクラブ」「ネプ投げ」。
・メンバー同士の仲が良い。ライブ後はお互いにホメあう。
 プライベートで遊ぶ。ゴルフに一緒に行く。時々電話で話す。
・ライブビデオ「ネプチューン」は約3万本売れたが印税契約をしていなかった。
・シングル「君を探して」をリリース(=98年)。
・シングル「上を向いて歩いてゆこう」がヒット(=00年)。
・テレビ「力の限りゴーゴゴー!!」の企画で「ネプポッキー」を期間限定で発売(=02年)。
・ボブ・サップのCD「SAPP Time!」をプロデュース(=02年)。
タイトルとURLをコピーしました